あなたの番です映画館で江藤の謎解明?インスタ発言で映画説が濃厚?

あなたの番ですの最終回で江藤がおばあちゃんを屋上に座らせたのか謎が残る展開に映画館での続編を期待する声があがっています。

あなたの番ですは映画館で江藤の謎は解明されるのでしょうか?

田中圭のインスタ発言で映画説は確定したのでしょうか?

映画化が決定した場合の展開予想も一緒にお届けします。

→あなたの番です全話無料で今すぐ視聴

黒島ちゃんの過去の葛藤とは?
秘密の扉を開ける>>

↑【無料】サイコパス黒島の過去とは↑

スポンサーリンク

あなたの番ですインスタ発言で映画説が確定?

あなたの番ですの映画化説がでた噂の動画がこちらです。

View this post on Instagram

・ 皆さま、半年間あな番を応援していただき、本当に本当にありがとうございました‼️ キャスト・スタッフ一同を代表して、圭さん、なーちゃん、流星くんから皆さまへ御礼動画です🌟 ・ #田中圭 #西野七瀬 #横浜流星 #疑惑の目の中で女優さんの階段を上ってくれたなーちゃん #半年皆を引っ張って走り抜いてくれた座長 #そんな座長を支えてくれた流星くん #そして見て下さった皆さまが一緒に作ってくれたドラマです #たくさんの考察やメッセージ #本当にありがとうございました #あなたの番です #あな番 #ザワついた日曜日 #最後の座長の一言は完全にボケですw

A post shared by 【公式】あなたの番です (@anaban_ntv) on

「続きは劇場で!」と田中圭が話していますね。

しかしコメントをみると。

『最後の座長の一言は完全にボケですw』

田中圭の冗談で映画化の話はまだ公式にはでていませんでした。

 

スポンサーリンク

あなたの番です映画館での展開予想!江藤の謎はどうなる?

あなたの番ですが映画化されたときの展開予想を募集しました!

皆さんはどんな結末を望みますか?

今回、伏線未回収で謎のままに終わった江藤と赤池幸子の関係性。
ここを中心に続編へと繋がると思います。
20話のラストでは、黒島は幸子の孫である事が分かり、黒島の犯行を知りながらもわざと泳がせていた幸子は本当の黒幕であった事が証明されました。
そんな幸子も、真犯人によって屋上から転落寸前で物語は終わりを迎えています。
幸子の近くにいて、未だ関係性が語られていない江藤が続編の真犯人の可能性が高いです。
幸子に近づく江藤の目的や江藤の過去の話しなどが続編で語られるのではないかと思いました。
そんな江藤に便乗し、再び始まる殺人ゲーム。
次々起きる殺人事件ですが、手口が黒島のやり方と同じであり死体が笑っています。
警察に逮捕された黒島が犯人ではない以上、黒島の手口を真似した真犯人が他にいる事になります。
その犯人を捕まえるべく、再び行動を共にする翔太と二階堂。
ドラマ版から更に怪しさを増した尾野が犯人か、ワニに対し異常愛を見せる佐野か、黒島を愛する二階堂の犯行か、そして人を信じられなくなった翔太が黒幕か。
まだまだ続編が作れそうなので期待したいと思います。
二階堂忍はこのまま順調に黒島に取り込まれ、自分も黒島と同じ種類の人間になりたいと考え始めます。
二階堂は試しに1人殺してみるのです。
黒島が持つ、殺人への愛情というものを自分も体験してみることで黒島と自分を同化し、黒島を心の支えにしたいと思ったからです。
黒島が刑期を終え戻ってきてから二階堂は本格的に連続殺人犯と化します。
事件が収束したマンションに住むわけにはいかず、黒島はまたおばあちゃんにお願いして別の分譲マンションに住まわせてもらいます。
新しいマンションで黒島の手助けをしているうちに二階堂は殺人への愛情、体の中から突き上げるパワーを感じるようになります。
二階堂は内山のように鈍臭くないはずですから死人をきちんと笑顔にし、殺さなくていい人は殺さず、証拠も一切残さないでしょう。
黒島も二階堂の手際の良さを高く評価し、共同で殺人を行うことが2人にとって生き甲斐になっていくのです。
こうしてミイラ取りがミイラになりきった瞬間を迎えます。
あとは翔太の代わりとなる新しい住民が警察と共に二階堂と黒島を犯人と突き止めるまでの攻防を描き、最終的に黒島は2回目の牢屋へ、二階堂も実刑を受けることに、それでも2人は愛し合っているという展開を予想します。
予想、期待としては、やはり黒島沙和の出自から殺人衝動を肯定する人物が登場するのではないのかなというものです。赤池のおばあちゃんか、それとも別の家族か。彼女が幼い頃から殺人衝動に耐えていたとしても、それを実行するにあたってのきっかけがあったはずです。黒島沙和が高知県出身ということは作中で述べられていましたが、今後公開予定のHuluでその過去は暴かれる予定です。
黒島沙和は最終回にて警察に出頭し、逮捕されたような描写がありましたが、実際に映画等で描いて欲しいのは車椅子のことと、江藤のこと、赤池のおばあちゃんがどうなったか、そもそも交換殺人ゲームは誰が発案したのかといったところです。黒島沙和が発案したのかと考えていましたが、最終回にて「仲間が欲しいと思っていたところあのゲームが始まって」といったセリフがありました。これは黒島沙和がすべての黒幕、というより、目立った犯行が黒島沙和によるものである、と言っただけではないでしょうか。また、逮捕されたのに交換殺人ゲームの続行を煽るように運ばれてきた車椅子、これも翔太とどーやんに運ばれてきたというのがよくわかりません。少なくとも黒島沙和がやったものではなく、真の黒幕がいると思われます。それも赤池家に携わる人が……。続編や映画ではこのような点を過去から、作中で拾われなかった伏線含めて描いて欲しいと思っているし、真の黒幕は今名前が出ている方々の中から、江藤または早川教授ではないのかと思っています。

 

 

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました