ノーサイドゲーム関西弁の人でエースは誰?下手な関西弁が気になる?

ノーサイドゲーム
https://twitter.com/LIBRA21076812/status/1150429242603081728

7月6日にスタートしたTBS系ドラマ日曜劇場『ノーサイドゲーム』。

放送前から、大人気俳優の大泉洋さんと大人気小説家の池井戸潤さんがタッグを組むことや、主題歌を米津玄師さんが歌うことなどで大注目されていました。

そして期待を裏切ることなく、第1話は高視聴率で良いスタートを切りました。

そんな中、ラグビー部のエースで関西弁の人が誰なのか話題となっています。

今回は、ノーサイドゲームのエースで関西弁の人の役者さんについて、演技力評価も含め調査してみました。

スポンサーリンク

ノーサイドゲームエースの関西弁の人は誰?廣瀬俊朗が浜畑譲役に大抜擢!

https://twitter.com/toshiaki1017/status/1150618094991114240

『ノーサイドゲーム』の第1話で、凄い演技力だけでなく、見事なラグビープレーを見せた浜畑譲役の役者さんが誰なのか、多くの方が気になったみたいですね。

なんと、浜畑譲役は役者さんではなくて元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんが演じています。

ところで、みなさんは廣瀬俊朗さんをご存知でしたか?

ラグビー界では有名な方なのですが、ご存知ない方もいると思うので簡単にプロフィールを紹介していきます。

廣瀬俊朗のプロフィールは?

生年月日 1981年10月17日

出身地 大阪府

大学 慶應義塾大学

身長 173cm

体重 81kg

toshiの愛称で親しまれている廣瀬俊朗さん。

5歳の時に地元のラグビースクールに通い始め、中学校時代まで続けました。

その後高校に進学し高校日本代表に選出、慶應義塾大学に進学しU19日本代表に選出。

そして東芝ブレイブルーパスに入団。

2007年に日本代表にも選ばれました。

2012年には日本代表選手に選ばれたのと同時にヘッド・コーチにも選ばれました。

 

なんだかすごい経歴をお持ちですね!

人柄も凄く良いそうなので、廣瀬さんが好かれているのがよく分かります♪

スポンサーリンク

ノーサイドゲームエースの関西弁の人の役どころは?

https://twitter.com/toshiaki1017/status/1150364301586100225

そんな廣瀬俊朗さんはドラマ『ノーサイドゲーム』で浜畑譲役を演じています。

浜畑譲は大泉洋さん演じる君嶋隼人がGMを務めるトキワ自動車ラグビーチーム“アストロズ”の不動のエースです。

元日本代表ということもあり、大人気の選手です。

どこかクールで謎めいた雰囲気を醸し出しています。

目力も凄いです。

 

君嶋とは対立することも多々あり、関西弁でぶつかり合うシーンもありました。

アストロズはリーグ内最下位、そのうえトキワ自動車は多額の負債を抱えています。

そんなラグビーチームは会社の邪魔なので、他の社員からはあまり良く思われていません。

時には仕事のミスを選手のせいにする社員もいました。

しかし、そのような状況下の選手達を手助けして支えるのは浜畑なのでした。

 

第1話から、沢山の浜畑譲の出番がありましたね。

セリフもとても多かったです。

浜畑譲は今後キーマンとなる、注目すべき役だと思います!

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗は浜畑譲のはまり役?共通点はある?

https://twitter.com/toshiaki1017/status/1125611139503509506

浜畑譲の役どころを見ていると、廣瀬俊朗さんとリンクしているところが多々あるようにも思えます。

廣瀬俊朗さん

  • 元ラグビー日本代表
  • ポジションはウイング
  • 関西出身

浜畑譲

  • 元ラグビー日本代表
  • ポジションはウイング
  • 関西出身

このように廣瀬俊朗さんと浜畑譲の類似点をまとめてみると、本当にソックリなことが分かりますね!

このような経歴を持っている方はなかなかいないので、実際に日本代表を経験した廣瀬さんにしかわからない浜畑譲の気持ちなどが演じることのできますよね。

やはり、廣瀬俊さんは浜畑譲のはまり役のようですね!

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗の演技力評価は?

https://twitter.com/LIBRA21076812/status/1148534068222423040

ここで、廣瀬俊朗さんに対する世間の演技力評価を見ていきたいと思います。

廣瀬俊朗さんの演技なかなか渋くていい!

あの大迫力の演技をする役者誰かと思って検索したらまさかのラグビー選手!

廣瀬さんの迫真の演技かっこよすぎた

浜畑役の人元ラガーマンなの?演技上手すぎてはまりそうww

驚くくらい、称賛の嵐でした!

 

役者さんでない方がドラマ出演などをすると、批判されてしまうことも多々ありますが、廣瀬俊朗さんに至ってはベタ褒めでした!

これは、評価がとても高いと言えますね。

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗の存在感が凄い!第2の赤井英和の声?

https://twitter.com/toshiaki1017/status/1147084432374808578

ドラマ『ノーサイドゲーム』第1話を観た方の中で、廣瀬俊朗さんの存在感が凄すぎてこれから俳優として活躍していくのではないかと言っている方がいました。

スポーツ界から有名俳優になった方に、元ボクサーの赤井英和さんがいらっしゃいますね。

ドラドラ
ドラドラ

廣瀬俊朗さんにはぜひ、第2の赤井英和さんになってほしいな♪

プッチ
プッチ

ラグビー界の赤井英和を目指せ!

それではここで赤井英和さんの出演作品を一部見てみたいと思います。

映画

  • 『またまたあぶない刑事』(1988年) 田山(浪速のロッキー)役
  • 『どついたるねん』(1989年) 安達英志役(主演)
  • 『王手』(1991年) 飛田歩役(主演)
  • 『私を抱いてそしてキスして』(1992年) 高野晶役
  • 『幻の光』(1995年) マスター役

テレビドラマ

  • 『太平記』(1991年) 楠木正季役
  • 『高校教師』(1993年) 新庄徹役
  • 『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(1994年) 大場衛(主演)
  • 『春よ、来い』(1994-1995年) 竹中洋介役
  • 『秀吉』(1996年) 石川五右衛門役
  • 『半沢直樹』(2013年) 竹下清彦役
  • 『99.9-刑事専門弁護士-』 赤木義男役

 

元ボクサーとは思えないほどたくさんの作品に出演されていますね。

主演から脇役まで幅広く演じていらっしゃいます。

果たして、廣瀬俊朗さんは第2の赤井英和さんになれるのでしょうか。

既に“廣瀬俊朗は赤井英和を超えてる”との声もあったので、ドラマ『ノーサイドゲーム』が終わってからも多くの作品に携わることになりそうですね。

赤井英和さんのように主演作品にも出演されるかもしれないです。

廣瀬さんの演技を『ノーサイドゲーム』以外でも観られるかもしれないと思うと、凄く楽しみです!

スポンサーリンク

ノーサイドゲーム廣瀬俊朗の演技力評価は?ラグビー日本代表が浜畑役に!まとめ

それでは最後にまとめていきたいと思います。

ドラマ『ノーサイドゲーム』の浜畑譲役に、元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんが抜擢されました。

廣瀬俊朗さんは何度も日本代表に選ばれたアスリートです。

そんな廣瀬俊朗さん演じる浜畑譲は、大泉洋演じる君嶋の左遷先、トキワ自動車のラグビーチーム“アストロズ”のリーダーです。

浜畑は強面な外見とは裏腹に、とても選手想いな人です。

廣瀬俊朗さんと浜畑譲には多くの共通点があり、はまり役だと思います。

 

第1話放送終了後から、あまりの廣瀬俊朗さんの演技力の高さに驚いた方が多くいらっしゃいました。

そのうえ、今まで廣瀬俊朗さんのことを知らなかった方は、役者さんではなく元ラグビー選手があれほどの演技をすることにも驚かれているようでした。

同じようにスポーツ界から俳優業をなさって、その演技力を高く評価されている方に赤井英和さんがいらっしゃいますが、廣瀬俊朗さんにも“第2の赤井英和”や“ラグビー界の赤井英和”になってほしいとの声がありました。

今後、もっと多くの演技を見せてくれるであろう廣瀬俊朗さん。

目が離せませんね!

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました